SuperSaaS-FAN
〜 SuperSaaSの使い方 〜

Loading...

SuperSaaSで導入できるオンライン決済サービス

ユーザーに対してオンライン決済を提供

SuperSaaSは、予約やショップでオンライン決済を用いることが可能です。

管理メニューの環境設定支払い設定にあるGateway mode自動にすることで、予約時やショップでの購買時の決済処理がオンライン決済となります。

SuperSaaSはデフォルトとしてPayPalを用いたオンライン決済が導入されています。
他にもいくつか対応しているオンライン決済ゲートウェイサービスがありますので、複数を複合して利用することも可能です。

SuperSaaS側での設定などではなく、決済サービスそのものに関する内容はSuperSaaS管理外の外部サービスとなるため基本的にサポート対応されません。
決済サービスに関するテクニカルなサポートやレクチャーはそれぞれの決済サービスのヘルプを頼ることになります。
オンライン決済ゲートウェイの運用はそのサービスを熟知した上で活用しましょう。

開発者レベルの高度な設定となりますが、決済処理を指定URLへPOSTすることも可能ですので、既定以外の決済サービスや独自の決済処理を組み込むカスタマイズも可能です。

オンライン決済ゲートウェイの設定

オンライン決済の制御設定は管理メニューの環境設定支払い設定にあるショップページのトップに表示するメッセージの内容に、制御コードとして$gateway{制御指示}を加えることで可能となります。

決済サービスの設定

ショップページのトップに表示するメッセージの内容は、ショップ画面の表示用カスタマイズ項目ですが、$gatewayで始まる文節や行は制御用として処理され、実際に文字として表示されることはありません。
手入力以外にも、$gatewayショップページのトップに表示するメッセージにあるPayment Gatewaysからの設定で自動的にメッセージ内に挿入管理することが可能です。

Payment Gatewaysからの管理設定

決済サービス設定の入力ボタン

Payment Gatewaysをクリックすると、オンライン決済の設定が開きます。

決済サービスの簡単設定

現状で利用可能なオンライン決済ゲートウェイサービスのPayPalStripeMobileSquareePay(bambora)PayUPaystackから用いるサービスにチェックを入れることで、対応する設定項目が表示されます。

それぞれの仕様に必要な項目を入力・設定し、OKをクリックするだけで制御に必要な$gateway{制御指示}が、自動的にショップページのトップに表示するメッセージに入力されます。

対応している決済サービスの日本対応

現状でサポートされているペイメントサービスに日本製サービスのものはないようです。

PayPal、Stripe、Squareは日本語サポートがありますが、他はまだ日本に完全対応していない様子も見られます。

PayPalはクセはありますがおよそ普及していますし、Stripe、Squareも導入が容易とあって急速に普及してきていますので色々比較しながら、使い勝手の良いものを選択できます。


設定の変更を行う場合は、設定を保存をクリックして更新することを忘れないように注意しましょう。