SuperSaaS-FAN
〜 SuperSaaSの使い方 〜

Loading...

SuperSaaSに利用登録してアカウントを取得する方法

とっても簡単なSuperSaaSアカウントの取得方法

SuperSaaSを利用するためには、利用登録してアカウントを取得する必要があります。

アカウントの登録は無料です。

SuperSaaSはセルフラーニングシステムなので試用が前提です。そのため、利用上限こそありますが全ての機能が無料で試用できます。

必須なのはメールアドレスだけ

名前などいくつかの情報の入力が求められますが、試用段階から提示しがたい個人情報や決済情報などは一切登録する必要がなく、メールアドレス以外は仮の情報でも利用登録が可能です。

そのメールアドレスさえも汎用な使い捨てのメールアドレスで問題ありません。

決済情報の入力がないので、自動的な課金があるはずもなく、ニーズや肌に合うかどうか、安心してチャレンジできます

アカウントの登録は公式ページで

登録するためにSuperSaaSの公式ホームページにアクセスします。

公式トップページ

サイト内の各所に登録への案内やリンクがありますので、およそ迷うことなくアカウント登録画面にたどり着けます。

アカウント情報の入力項目

利用登録してアカウントを取得するのに必要な入力情報はたったこれだけです。

登録情報

ここで入力した情報は、登録後でも管理メニューの環境設定アカウント情報でいつでも任意の編集が可能です。

前述ましたが、試用の段階であればメールアドレス以外は暫定的な仮情報で問題はありません。
試用後に正式に使い続けるとしたと時に、改めて正当な内容に修正編集しておきましょう。

アカウント名(必須項目)

アカウント名の設定

任意の文字列でアカウント名を設定します。

アカウント名がそのまま利用時のURLとなるため、他の利用者と重複するアカウント名は登録できません。

アカウント名に全角の日本語を用いることもできますが、URLエンコードされるため、アカウント名はアルファベット英数字を用いることをお勧めします。

パスワード(必須項目)

パスワードの設定

アカウント名でログインする時のパスワードです。

たとえ試用時でも1234とかtestのような安易なパスワードは避けた方が良いです。

予約システムは個人情報を蓄えますので、実利用時はアカウントパスワードを堅牢にして、しっかり管理するようにしましょう。

e-mail(必須項目)

e-mailの設定

利用可能なメールアドレスを入力します。
入力したメールアドレス宛に登録確認のメールが送られますので、虚偽の情報登録はできません。

氏名(空白可)

氏名の設定

利用者の氏名を設定します。
なぜか必須ではありません。およそ何かの時の呼び掛け用のものと思われます。
グループ名や所属名でも問題はないですし、試用であれば、それこそ仮名でも良いと思います。

組織名(空白可)

組織名の設定

ビジネスシーンでSuperSaaS用いる場合の組織や会社名を設定します。
以前は利用方法という入力項目があり、そこでビジネス利用を選択した場合の必須項目でしたが、その入力項目がなくなったため、必須ではない入力項目として常設項目となりました。

国の選択(必須項目)

国選択

予約システムの言語やタイムゾーン、通貨設定に影響するので、アカウント管理者の国籍というより、管理上の基本となる国の選択です。

ニュースレター

ニュースレター受信選択

チェックを入れると、SuperSaaSのグローバルな情報や連絡メールを拒否できます。

予約システム上必要なメールはチェックを入れていても届きます。

ニュースレター配信頻度はかなり低く2018年に10周年レターが届いたきり以降は何も届いていない気がします。

SuperSaaSのメンテナンスはほぼサイレントで行われますので、最新情報や仕様変更など自分で随時調べる必要があります。

アカウントの登録を実行

項目が少ないのであっという間に入力できたかと思います。
勢いのままアカウント作成ボタンを押してしまいそうになりますが…

利用規約

初めての場合は必ず規約を確認しておきましょう。

内容はSaaSサービスとして十分な内容となっていて問題ないとは思いますが、十分に理解してからアカウント作成ボタンをクリックしましょう。

アカウント作成ボタンをクリックしただけでは、まだ仮登録状態です。
アカウントはまだ有効となっていません。

登録時に入力したメールアドレスまで、SuperSaaSより登録の確認メールが配信されますので、そのメール内容にあるURLにアクセスすることで登録が完了となります。

もし、メールが届かない場合は、SuperSaaSからのメールがスパムフィルターなどで排除されていないか確認しましょう。
それでもメールが届いた気配がない場合は、単純にメールアドレスを間違えて登録した可能性もありますので、改めてもう一度登録しましょう。