SuperSaaS-FAN
〜 SuperSaaSの使い方 〜

Loading...

Paypalペイメントゲートウェイの設定

オンライン決済ゲートウェイ「Paypal」の活用

PayPalでのオンライン決済がデフォルトのため、特に設定することなく、管理者のメールアドレスのPayPalアカウント宛への入金処理となるオンライン決済が可能です。

PayPalは支払う側もPayPalアカウントを持っていることが前提となりますので活用には留意が必要です。

Paypalのsandboxを活用して決済テスト

Paypalには開発可能なデベロッパーアカウントの開発機能の一つとして「sandbox」があります。

sandboxは仮想処理環境なので、SuperSaaSからの決済をテストすることが可能です。

管理メニューの環境設定支払い設定にあるPayPalの設定にsandboxによる仮想処理を行う選択項目があります。

ここにチェックを入れると、PayPalでの決済処理が全てsandboxでの仮想処理となります。

Paypalのsandboxの構築と利用は自己責任です。
決済確認程度の環境構築は容易とは思いますが、様々な条件付でのテストを行う場合は、応じた知識と技術をもって試験するようにしましょう。

PayPalのオプション設定

PayPalを決済方法から除外する

デフォルトとなっているPayPalによるオンライン決済を用いない設定も可能です。

PayPal利用の取りやめは、管理メニューの環境設定支払い設定にあるショップページのトップに表示するメッセージに制御コードを設定します。

制御コードは$gateway{nopaypal}です。
このコードはPayment Gatewaysの設定で、Paypalのチェックを外すことでも自動的に入力されます。

管理者のメールアドレス以外のPaypalアカウントを設定する

デフォルトでは管理者のメールアドレスと同じPaypalアカウントでの決済となっているため、別アカウントで決済を行いたい場合には制御コードによる設定が必要です。

制御コードは$gateway{paypal メールアドレス}です。
ここで指定するメールアドレスのPaypalアカウントで決済が行われます。

このコードはPayment Gatewaysの設定で、Paypalにチェックがある場合、メールアドレスの指定枠が表示されますので、対象としたいPaypalアカウントのメールアドレスを指定することでも自動的に入力されます。

メールアドレスの指定がない場合は、デフォルトとして管理者のメールアドレスのPayPalアカウントで結成処理が行われます。


設定の変更を行う場合は、設定を保存をクリックして更新することを忘れないように注意しましょう。