SuperSaaS-FAN
〜 SuperSaaSの使い方 〜

Loading...

bambora(ePay)ペイメントゲートウェイの設定

オンライン決済ゲートウェイ「bambora(ePay)」の活用

Dambortを含む多くの決済が可能なデンマークのオンライン決済ペイメントゲートウェイサービスです。

ePayはbamboraとなりましたが、SuperSssSの中ではePayの表記仕様のまま継続するようです。

現時点で日本語はサポートされていませんし、日本で利用可能かどうかも不明です。
このページの情報は、およその参考程度に願います。

利用登録

bambora(ePay)の利用には登録が必要です。
いくつかグレードが用意されているようです。

SuperSaaSとの連携

bambora(ePay)を決済に用いるためには、管理メニューの環境設定支払い設定にあるショップページのトップに表示するメッセージに制御コードを入力する必要があります。

制御コードは$gateway{ePay Merchantnumber MD5secret}です。
このコードはPayment Gatewaysの設定で、ePayにチェックを入れると入力項目が表示されますので、必要なキーを設定することで自動的に入力されます。

項目概要
Merchant numberアカウントで用意されているマーチャントIDです。
MD5 secretアカウントで用意されているMD5ハッシュの秘密キーです。

設定オプション

ePay利用は$gatewayを手入力することでePayサービスのオプションを加えることも可能です。
MD5 secretに続いて半角スペースを空けて、window IDインスタントキャプチャを指定できます

例:
$gateway{ePay Merchant number MD5 windowID インスタントキャプチャ}
window IDはカスタマイズウィンドウのID(数値番号)で、別途表示するロゴや案内用の表示ウィンドウの表示設定です。
インスタントキャプチャは承認ステップのキャプチャサービスのトリガー(1=true)です。
オプションサービスの詳細はePayのホームページで確認ください。


設定の変更を行う場合は、設定を保存をクリックして更新することを忘れないように注意しましょう。